FC2ブログ



日本での都会生活を離れ南フランス、アルデッシュ県で田舎暮らしを始めました。旅行では味わえないリアルなフランスの生活の中で見つけたこと、感じたことについて綴ります。

Prev  «  [ 2018/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

mkflo

Author:mkflo
フランス人男性とカナダで出逢い、その後結婚。
2015年春より南フランスのアルデッシュ県で暮らし始めました。
都会の便利な生活から過去へタイムスリップしたような田舎暮らしに日々奮闘しています。楽しいことだけではなくリアルな日常について綴りたいと思います。

Amazon.co.jpアソシエイト

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
お気軽にコメントください☆
お気に入りブログ
ブログを読んでくれた方々
ランキング参加中です
下の3つのボタンをポチッとクリックしていただけると嬉しいです。今後の更新の励みになります。↓↓

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルセロナ旅行3日目 (無料で入園可能。世界遺産 ガウディ作品 グエル公園 その1)


【値下げしました!!】大人気のPRONOVIASのウェディングドレスをお売りします。
詳細はこちらをご覧ください↓

http://makiflorian.blog.fc2.com/blog-entry-133.html
---------------------------------------------

世界遺産に登録されているガウディ作品のグエル公園は観光エリアから少し離れた場所にあります。


土地鑑のない観光客にとっては、ちょっと行き方が難しいかもしれないので、事前に調べて行かれることをお勧めします。


グエル公園は大きく、入り口も複数あるので色んな行き方が可能です。


私たちは地下鉄でJoanic駅まで行き、そこから116番のミニバスに乗り、グエル公園の正面入り口近くで下車できるルートを使用しました。



嬉しいことに、開園時間前、もしくは閉園時間後に訪れると無料で入場可能です(通常は8ユーロ、ネット予約は7ユーロ)。一旦中に入ってしまえば、開園しても外に出る必要はなく、そのまま観光可能です。


私たちが行った10月上旬は8時が開園時間だったので(時期によって違うそうです)、7:30到着を目指して行きました。


到着したころはこんな感じでまだ薄暗かったのですが、既に他の観光客が訪れていました。


DSCN0742.jpg



正面入り口の両サイドにある建物↓

DSCN0743.jpg

DSCN0745.jpg

屋根の白い部分がホイップクリームかアイシングでその下がスポンジかクッキー生地のようで、美味しそう♡なにより、とてもかわいいです♡♡


こんな家に住めたら毎日帰ってくるのが楽しいだろうな~+゚。*(*´∀`*)*。゚+ なんて想像してみたり(笑)



正面の階段を上っていくと、中央にある有名なモザイクのトカゲが出迎えてくれます。

DSCN0746.jpg

DSCN0747.jpg

たくさんの人がこのトカゲと記念撮影をしていました。



上り切って振り返ると空はまだこんなに暗いです。

DSCN0748.jpg

この時期はまだ良いですが、オフシーズンや閉園後の観光客が少ない時は、いくら無料でも女性二人で行くのはちょっと危険かなと思いました。カップルでも日本人同士だと、ヨーロッパでは体格の違いなどから弱く見えてしまうのと、やはり隙があり狙われやすいので注意してほしいです。



階段の上にはホールがあり、建設当初は市場になる予定だったそうです。

DSCN0751.jpg



ホールの天井にある飾り。ここもモザイクでとても素敵です。

DSCN0754.jpg

DSCN0767.jpg

素敵なのに市場として使用されなかったのが残念です(´・_・`)


長くなるので、この先はその2に書きますね。

下のボタンをクリックしていただくとランキングポイントが加算され、今後の更新の励みになります。3つポチッとしていただけると嬉しいです。↓↓



にほんブログ村 海外生活ブログ 南フランス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ありがとうございます❤

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フランスの生活
ジャンル : 海外情報

バルセロナ旅行2日目 (雰囲気のある創作レストランバル Llamber)


大人気のPRONOVIASのウェディングドレスをお売りします。
詳細はこちらをご覧ください↓

http://makiflorian.blog.fc2.com/blog-entry-133.html
---------------------------------------------

バルセロナ旅行の中でも楽しみにしていた創作レストランバル Llamber 。実際にお店に訪れたら、薄暗い照明のオシャレなレストランでした。


「あー、東京にいた時はこういうお店に良く行ってたなー。今はお得なランチ時しかレストランに行けないから、こういう雰囲気久しぶりー。」なんて一人でしみじみ。



まずは、カヴァ(3.50ユーロ)とスペイン産赤ワイン(4.50ユーロ)で乾杯。

DSCN0738.jpg

どのワインが良いか分からず質問したら、お勧めのワイン二種類を持ってきて試飲させてくれました。


夫が「片方のワインは好みじゃなかった」と言っていたので、試飲させてくれて良かったです(o´∀`o)



注文はアラカルトで、


バルセロナと言えばの…


パンコントマテ(左: 2.10ユーロ)と コロッケ(キノコ入りとイベリコ入り: 1つ1.70ユーロ、計6.80ユーロ)

DSCN0739.jpg

パンコントマテは初めて食べましたが、とっても好きな感じでした♡ バゲットにトマト、にんにく、オリーブオイル…食べ慣れた南フランス(地中海)料理の代表的な材料でできているので、好きなのも当たり前かもしれません。


家でもやりたいなーと思いつつ、未だに作ってません(´∀`*;)とても簡単なのに汗。でも、シンプルだからこそ、お店によって味や食感が全然違うようです。


バルセロナのコロッケは基本、クリーム系です。ピンチョスバルで食べたものとは揚がり具合や油っぽさが違い、美味しく食べれました。



そして、これもバルセロナの定番料理!たこ焼きのようなブニュエロス(7ユーロ)!!

DSCN0740.jpg

タラのすり身の揚げ物。ずっと気になっていたので食べられて満足。お皿も個性的でなんだか楽しいです。



世界的にあまり食べられていないタコ(15ユーロ)。ここ、バルセロナでは定番です。

DSCN0741.jpg

タコにチーズソース!日本では考えられない組み合わせですよね。


バルセロナのタコは日本で一般的に食べられるタコとは種類が違うと聞いていましたが、食べて納得。あのコリッとした歯ごたえが皆無です。食感はブニュって感じです。ちょっと残念。


でも、どれも美味しくて全部で40ユーロほどで済んだので、トータル的には満足です。



日曜日であること、人気店であるということで、フランスからネット予約をしていきました。「お昼から通し営業でディナーは20時から」という情報を得ていたので、20時予約を希望したところ、「21時に別の予約が入っているので早く来た方がゆっくりできる」と返信をもらい、当日は19時に来店しました。でも、特に20時まで待つことなく普通にディナーを食べられました。観光シーズンや混んでいるときは臨機応変に変更されるのかもしれません。


訪問時は既にお客さんでいっぱいだったので予約して行って正解でした。客層はイギリス人とアメリカ人が多く、スペイン人はきっと21時以降に訪れるんでしょうね。


下のボタンをクリックしていただくとランキングポイントが加算され、今後の更新の励みになります。3つポチッとしていただけると嬉しいです。↓↓



にほんブログ村 海外生活ブログ 南フランス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ありがとうございます❤

関連記事

テーマ : フランスの生活
ジャンル : 海外情報

バルセロナ旅行2日目 (遺跡を見ながらのちょっとした休憩や無料トイレ利用に!ボルン・カルチャーセンター)


大人気のPRONOVIASのウェディングドレスをお売りします。
詳細はこちらをご覧ください↓

http://makiflorian.blog.fc2.com/blog-entry-133.html
---------------------------------------------

レストランの予約時間まで少し余裕があったので、ボルン・カルチャーセンターにあるベンチでまたまた休憩。


普段は、ほぼ車移動の夫と、ほぼ引きこもりの私には、一日中歩き回るのがとても身体にこたえました(笑)


日曜日は多くのお店が閉まっていますが、ここは開いているので、ちょっとした休憩やトイレ(無料)利用にはもってこいです。



中に入らず、上からなら、1700年ごろのバルセロナの街並み、遺跡を見ることもできます。

DSCN0731.jpg

DSCN0732.jpg



休憩したベンチの横にあった螺旋階段。幅が狭くて上るには不便そうですが、素敵です。実際に使用されているんでしょうか。

DSCN0735.jpg


その他に、恐らく遺跡の展示がされているであろう博物館(有料)、遺跡の中でのガイドツアーもありました。


私は使用していませんが、夫によると、ここのトイレはきれいだったそうです。


わざわざ訪れるほどではないと思いますが、ボルン地区にいらしたら、寄ってみる価値ありです。

下のボタンをクリックしていただくとランキングポイントが加算され、今後の更新の励みになります。3つポチッとしていただけると嬉しいです。↓↓



にほんブログ村 海外生活ブログ 南フランス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ありがとうございます❤

関連記事

テーマ : フランスの生活
ジャンル : 海外情報

ランキング参加中です
下のボタンをクリックしていただくとランキングポイントが加算されます。3つポチッとしていただけると嬉しいです。↓↓
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Amazon.co.jpアソシエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。